アーケードゲームの歴史と日本で未だに人気がある理由

History of arcades and why it's still popular in Japan

アーケードゲームというと、日本ではあまり聞きなれないかもしれませんが、これは、ゲーム-センターなどに設置されているゲーム機の総称。テレビ-ゲーム・ピンボール・クレーン-ゲーム・メダル-ゲームなどを総称した言葉のことを指します。

アーケードゲームの始まりは1960年代、ピンポンゲームにあるようです。
ボウリング場や映画館、百貨店の屋上等に設置され始めて、この時代にゲームセンターという言葉が登場しました。

History of arcades and why it's still popular in Japan

そして、1980年代にスペースインベーダーの登場と共に一気にゲームブームが到来しました。
喫茶店、駄菓子屋、などにアーケードゲームがどんどん設置されるようになりました。
その後、日本で初めてとなる家庭用ゲーム機ファミリーコンピューター『通称 ファミコン』が発売され、アーケードゲームに強力なライバルが出現します。

しかし当時はまだアーケードゲームが設置されているゲームセンターの方がリリースも早く、クオリティも高かったのです。

その後、家庭用ゲーム機も次々と新商品が発売となり、海外ではアーケードゲームは衰退の一途をたどっていくことになりました。

そんなアーケードゲームは日本では下火になることなく人気が続いている理由は、日本のメーカーが独自で開発した戦略にあります。
プリクラ
UFOキャッチャー

体感系ゲーム(今の音ゲーも含まれる)

カード等のモノを使うゲーム

History of arcades and why it's still popular in Japan

大型筐体
スマホの普及により、プリクラは残念ながら人気は下がっていますが、ゲームセンターでしか退官することの出来ない臨場感あふれるサウンドと迫力のあるゲーム、また、
拳銃などのコントローラーを使ってみんなで楽しめるゲーム、そして年齢を問わず、
多くの人を虜にしているUFOキャッチャーなど、未だに家庭用ゲーム機では体感することの出来ないアーケードゲームは、上手く時代に合わせて差別化出来ていることが人気の理由です。
また、UFOキャッチャーなどは別として、腕に自信がある人だと対戦型ゲームなどは非常にコスパが良いんです。
日本国内では、そんな理由から未だにアーケードゲームは大変人気があります。
決して日本が後進国であるわけでもなく、時代に遅れを取っているわけではなく、
先進国として、日本ゲーミング産業の企業が常に差別化を研究してきているからこそ、
未だにアーケードゲームは日本国内で大人気なんですよ!!